2018年度 歴博歴史の旅・見学会

歴博歴史の旅 会員による会員のための見学会
5 月 6 月 7 月 9 月 10月 1 月 3 月


                    歴博歴史の旅、各見学会への参加申し込み・お問い合わせはこちらへ



               歴博歴史の旅
実施年月日 テーマ 講 師
2018年 未定
詳細未定
コース
参加費 参加者数
集 合 解 散
*申込者が募集人員を超えた場合は抽選となります。






会員による会員のための見学会
実施年月日 見学会名 備考
2018年 5月12日(土) 船橋(葛飾栗原郷)を歩く 参加:44名
正延寺では弁天の祠の扉を開いていただき、宝成寺では本堂に招かれ、成瀬氏や禅寺の建築様式の説明を受けた。
春日神社の「かつしか田圃」開拓記念碑にあるが如く、勝間田池や葛羅の井・ゲエロの池など豊富な水資源を確認できた見学会であった。
コース JP西船橋駅 ⇒ 旧葛飾小学校趾碑 ⇒ 春日神社 ⇒ 成瀬地蔵 ⇒ 現葛飾小学校 ⇒ 正延寺(折戸の弁天様を参拝) ⇒ 勝間田池跡 ⇒ 葛飾神社 ⇒ 宝成寺(成瀬氏の墓、本尊釈迦如来を参拝) ⇒ 萬善寺跡(廃寺) ⇒ 葛羅の井 ⇒ 妙見神社 ⇒ ゲエロの池 ⇒ 八坂神社と光明寺 ⇒ 大六天
集 合 JR西船橋駅改札口 13:00 解 散 印内バス停 16:00頃
(JR西船橋駅まで現金100円)
案内会員 三橋 俊一、林田 秀孝、大野 吾一 参加費 500円

春日神社社殿前にて

正延寺本堂

葛飾神社拝殿

葛羅の井

妙見神社

ゲエロの池

八坂神社

大六天の説明を聞く






会員による会員のための見学会
実施年月日 見学会名 募集人員 申込締切
2018年 6月20日(水) 両国界隈の歴史を訪ねる 40名 6月11日(月)
江戸時代、川開きの花火や回向院の相撲でも知られた江戸屈指の繁華街であった両国。吉良邸跡や北斎、勝海舟の足跡等を訪ね、一方、明暦の大火による犠牲者の供養塔や関東大震災・戦災をしのぶ記念館にも足を運ぶ見学会です。
コース 両国駅前→回向院→大高源吾の碑→旧両国橋広小路跡→吉良邸跡→勝海舟生誕の地→すみだ北斎美術館→復興記念館・東京都慰霊堂→旧安田庭園→両国駅前
集 合 JR両国駅西口改札口前 13:00 解 散 JR両国駅前 17:00頃
案内会員 浅生 武治、小林 尚好、小池 裕 参加費 700円(北斎美術館入館料を含む)
*申込者が募集人員を超えた場合は抽選となります。
*申込時、入館手続きのため年齢を記入してください。抽選時は参加の可否を6月16日までに連絡します。






会員による会員のための見学会
実施年月日 見学会名 募集人員 申込締切
2018年 7月20日(金) 霞ヶ浦沿岸をめぐる
(古代茨城バスの旅)
40名 6月21日(木)
古代茨城といえば、『常陸国風土記』、筑波山。そして霞ケ浦、利根川下流域、牛久沼、印旛沼、手賀沼などを内包する「香取の海」をイメージします。今回は意外と知られていない霞ケ浦の古墳、貝塚等の遺跡を中心にした旅です。
コース 成田駅→横利根閘門→浮島(和田岬)→大杉神社→霞ヶ浦平和記念公園→<昼食>→上高津貝塚(資料館見学)→富士見塚古墳→牛久シャトー→成田駅
集 合 JR成田駅改札口 8:40 解 散 JR成田駅西口 18:20頃
案内会員 浅生 武治、渡邉 和男、神庭 恵、
藤澤 晴子、野平 和男
参加費 5,500円(昼食代含む)
*申込者が募集人員を超えた場合は抽選となります。






会員による会員のための見学会
実施年月日 見学会名 募集人員 申込締切
2018年 9月13日(木) 東上総中近世(大多喜いすみ)バスの旅
(日帰りバス見学会)
詳細未定
コース
集 合 解 散
案内会員 参加費
*申込者が募集人員を超えた場合は抽選となります。






会員による会員のための見学会
実施年月日 見学会名 募集人員 申込締切
2018年 10月26日(金) 草加宿から草加松原を歩く
詳細未定
コース
集 合 解 散
案内会員 参加費
*申込者が募集人員を超えた場合は抽選となります。






会員による会員のための見学会
実施年月日 見学会名 募集人員 申込締切
2019年 1月14日(月) 博物館初詣
「加曾利貝塚」
詳細未定
コース
集 合 解 散
案内会員 参加費
*申込者が募集人員を超えた場合は抽選となります。






会員による会員のための見学会
実施年月日 見学会名 募集人員 申込締切
2019年 3月9日(土) 神楽坂界隈を歩く
詳細未定
コース
集 合 解 散
案内会員 参加費
*申込者が募集人員を超えた場合は抽選となります。